君島歯科口腔外科クリニック 治療のご案内

歯科口腔外科

歯科口腔外科親知らずの痛み、顎関節(あごの関節)の症状、口腔内(口の中)や顎の怪我、口腔内のおできや腫れ物、口腔粘膜疾患、口腔がんなどを専門に診察治療をするのが歯科口腔外科という分野です。
また、一般の歯科医師では困難な抜歯なども行います。一般歯科では扱わない口腔内のあらゆる疾患について対応しています。
具体的には君島歯科口腔外科クリニックでは下記のような疾患、症状に対応し、診断、相談、治療をおこなっています。
必要に応じて基幹病院の専門医をご紹介しています。

  • 口腔内にできるがん(悪性腫瘍)の診察・相談を行い、専門病院に紹介します。がん検診をお受けください。
  • 一般歯科では困難な部位の抜歯、親知らずの抜歯
  • インプラント
  • 歯の移植(親知らずなどを移植します)
  • 舌小帯、上唇小帯の切除、伸展
  • 外傷(骨折・口腔内外の創傷・歯の脱臼)
  • 歯や傷からの感染による炎症の治療(膿みの溜まっている部位の切開、抗生剤の点滴など)
  • 奇形、変形症の診断
  • 唾液腺の炎症や唾石症、ガマ腫の治療。唾液腺腫瘍の診断、相談。
  • 顎関節症の診断、治療
  • 歯肉や粘膜にできる良性腫瘍の切除・摘出
  • 口腔内に生じた見た目では診断のつかない疾患の病理診断
  • 口腔粘膜炎、口内炎の診断・治療
  • 舌痛症
  • 口腔乾燥症
  • 睡眠時無呼吸症候群

君島歯科口腔外科クリニックでは難しい口腔外科疾患につきまして下記の病院にご紹介しいています。

東京医科歯科大学歯学部付属病院国立国際医療センター埼玉県歯科医師会口腔保健センター埼玉県立がんセンター千葉西総合病院東京厚生年金病院自治医科大学付属さいたま医療センター東京女子医科大学などで、それぞれの病院でともに口腔外科を修行してきました先輩、後輩が活躍しております。
また、顎口腔領域の診断においては埼玉県済生会川口総合病院にCTやMRIの撮影を依頼しております。

※歯科口腔外科についてはこちらでも詳しい説明がご覧になれます。

社団法人 日本口腔外科学会ホームページ

一般歯科

一般歯科虫歯の治療、歯周病、入れ歯の治療になります。

主に保険診療を行っておりますが、患者様が望まれる機能の改善、審美性の改善にはどうしても保険の材料では不十分な場合が多く、その違いをご説明した上で、選択していただいております。

小児歯科

小児歯科小さな子供達は、来たくもない歯科医院に無理矢理連れてこられて、頼んでもいないのに歯をガリガリ削られ嫌がっています。

当歯科医院では、虫歯になったら治療するというのではなく、子供の頃から定期管理という習慣を身につけてもらいたいと考えています。

3歳時検診で反対交合、下顎が上顎よりも前に出てしまっているお子様にはムーシールドを使用しています。ムーシールドは調布矯正歯科クリニックの柳澤先生が考案された装置で、今の様に普及する前に直接柳澤先生ご指導を受け、それを使用しております。

歯科矯正治療

矯正歯科学童から成人まで歯並びでお困りの患者様に、矯正専門の歯科医師が月2回当歯科医院にて治療を行っております。

矯正治療は保険診療ではなく自費となります。
まずはご相談ください。

矯正専門歯科医師 【堀内洋輔】

● 歯学博士、日本矯正歯科学会認定医
● 東京医科歯科大学非常勤講師 (咬合機能矯正学分野)

これまで10年ほど東京医科歯科大学で歯科矯正学の診療、研究教育に従事してきました。
お子様から大人まで、かみ合わせや歯並びでお悩みの患者さんはどうぞお気軽にご相談ください。十分なご説明のもと、治療をおこないます。
お悩みの方はまずはご相談ください。治療をしなくても定期的な経過観察が重要です。

歯牙移植

歯牙移植親知らずの様なかみ合わせに機能していない歯がある場合、その歯を抜歯して歯を失った部位に移植しています。

保険診療で行える場合と行えない場合があります。

インプラント

インプラント歯を失った部位の顎の骨に、チタン性のネジを入れてその上に冠を装置します。歯の根の役割をするので人工歯根といわれています。

ネジを入れる部位の骨がやせている場合には、骨を作る処置をしてから人工歯根を入れます。

インプラント治療ができない場合もありますのでまずはご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群睡眠時無呼吸症候群治療用のスリープスプリントを作成しています。専門医(医師)による診断と紹介状が必要になります。

当歯科医院では開業当初より講習会に参加し、睡眠時無呼吸症候群の治療に参加してきました。
以前、大宮のクリニックで診察していた呼吸器専門の林医師と協力していましたが、現在林先生は所沢に所沢呼吸器科クリニックを開設されました。
専門医をお捜しの方には林先生をご紹介できますので、お申し付けください。

ホワイトニング

ホワイトニングコーヒー、お茶、タバコなどによる歯の色素沈着や、病気による歯の変色、加齢による歯の黄ばみを3回から6回の通院で白くすることができます。

ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニングは歯科医院で行う漂白で、漂白前後の歯の清掃、研磨を含めて1回約40分かかります。ご希望の白さに近づくまで、1週間に1回漂白を続けていきます。歯の状態や、全身の状態によってはホワイトニングが出来ない場合もあります。また、漂白後は多少の後戻り(本来の色に近づくこと)があります。白さを保つためには定期的なオフィスホワイトニング、またはご家庭でのメンテナンス(ホーム・ホワイトニング)が必要になります。

ホームホワイトニングとは歯型を採り、その方の歯に合ったマウスピースをお作りいたします。そのマウスピースの中にホワイトニング専用のジェルを入れていただき、一日数時間歯に装着していただきます。

口のなか、特に舌にひりひりとした痛みが生じた患者さんへ

「舌の外見には傷も無く、腫瘍などの病変も無く異常は全く無いのに、舌が痛い」という患者さん(特に中年期以降の女性)が増加しています。

舌そのものに病変が無くて痛みが生じている状態を、わたしたちは「舌痛症(ぜっつうしょう)」と呼んでいます。現在研究が進められていますが、原因は不明です。

多くの医療機関、様々な診療科(歯科口腔外科、耳鼻科、内科、精神科、心療内科など)を受診しても原因が分からず、症状も改善しないままうがい薬、軟膏、ビタミン剤、消炎鎮痛剤が処方されています。ストレスということで睡眠薬を処方されている方も多いと思います。

最近では大学病院を中心に、「舌痛症」を専門的に診察し研究している先生方も増えております。私の母校である東京医科歯科大学歯学部付属病院にも「頭頸部心身医学分野」という講座があり診療にあたっています。

ドライマウスオアシス<豊福先生の部屋>踊る歯科心身症ネットに詳細が出ております。

私どもの診療所にも毎日「舌痛症」の患者さんが受診されますが、多くの方は舌癌を心配されての受診であり、舌癌が無いことをお話しするとかなり安心されますが、ひりひりする痛みの解決には至っておりません。

「舌痛症」の治療法として東京医科歯科大学の豊福教授の説を引用しますと、

1)気休めでは治らない

うがい薬、軟膏、消炎鎮痛剤、ビタミン剤などではほとんど効果がなく、舌に病変が無いことをいくら説明して安心させても痛みは治らない。

2)抗うつ剤が有効

現在最も有望視されている治療法は、抗うつ剤を中心とした薬物療法といわれています。ただし、一般的な開業歯科医院では処方できない薬です。また抗うつ剤には多くの種類があり、どの種類の抗うつ剤をどのくらいの量で服用すれば効果が出るかは患者さんによって違っているようで、抗うつ剤に精通している医師、歯科医師が長期間にわたって経過を見ていかなければなりません。
それでも原因が不明であり、必ず治るという状況ではないのが厳しい現実です。

3)ではまずどうすればいいか?

まずは歯科医院を受診していただき、以下のことを確認します。

  • 入れ歯や不適切な詰め物で舌に傷がついていないか
  • 歯ぎしりや食いしばりで無意識に舌を咬んで、傷が無いか
  • いわゆる口内炎やウイルス性、細菌性の口内炎が無いか
  • 薬物や病気の影響で唾液が減少し、口内が異常に乾燥していないか
  • 舌癌などの腫瘍や何か病変ができていないか

すべて無い場合には「舌痛症」と判断します。

ここからは患者さんの意識を変えていただかないといけません。

多くの患者さんは、辛い痛みのため、必ず何か病変があるものと強く強く信じています。そうではないということをご理解いただきたいのです。「この辛い痛みを早く治してほしい。歯を削れば必ず治るはずだ。入れ歯のせいだ」といった誤解を解いて欲しいのです。「説明はもういいからとにかく歯を丸めて欲しい」といった極端な訴えも多いのですが、それだけ苦痛があるということだと思います。ただ、患者さんの強い要望にまかせて何でもない歯を削れば、今度は歯がしみてしまいます。この考え方の転換をしていただきたく、いろいろ説明をしておりますが、固まってしまった気持ちをほぐすのが大変困難になっております。

「舌痛症」はその病態に精通している医師、歯科医師が長期間根気良く経過を見ないと、改善できません。

これまで、多くの病院、診療科を受診しても症状が改善していないため、私たちが専門医をご紹介しようとしても、また見捨てられるのかとか、また別のところに行かなければならないのかとお怒りになる方も少なからずおられますが、ご自分の病気を少しでもご理解いただき、専門医への橋渡しができるように私たちも努力しています。是非、専門医の診察を受けていただきたいものです。

Copyright (C) 2008-2017 Kimijima Dental Clinic. All Rights Reserved.