治療理念

お口の健康を保つこと、すなわち食事を楽しむことができ、家族や友人たちと楽しく語らうことが、人生を楽しむ最大の手段だと考えております。

そのような考えを念頭に置きまして、君島歯科口腔外科クリニックでは長年にわたる豊富な経験と最新の知識・安全確実な技術の中から、患者様に最も合った治療を提供していきます。

治療する上で十分な説明を行い、複数の選択肢の中から患者様の同意のもとに最良の治療法を選択いただきます。
インフォームドコンセント(説明と同意)、インフォームドチョイス(説明と選択)を大事にしていきます。

治療方針

君島歯科口腔外科クリニックでは口腔外科専門医としての知識・技術を活かした歯科口腔外科診療といわゆる一般歯科治療を行っています。

歯科口腔外科

口の中の様々な症状について治療、ご相談を承っています。他院では判断のつかない疾患や治療困難な疾患についてご紹介頂くことも多いので、ご自身で悩まずにお気軽にご相談ください。

一般歯科

虫歯や歯周病は現在ではその原因が判明しています。従いまして、私たち歯科医師と患者様が互いに協力することによって予防することが可能になり、ご自分の歯を長く使用することができる時代が来ました。
まずは予防の重要性を御理解頂いて、皆様の長い人生がより快適なものになりますようお手伝いしていきたいと思います。

虫歯になってしまった方、歯周病になってしまった方には、最新の知見に基づき、できるだけその歯を長くお使いできる様に心がけます。
残念ながら歯を失ってしまった方、抜歯が必要な方には、入れ歯やブリッジやインプラントを用いて、歯を失った後の機能の回復を行います。
最近では審美歯科という言葉がはやりですが、歯科治療は元々昔から、機能の改善と審美性の改善が目標でした。その両方が達成できますよう、患者様のご希望にあわせて、時には健康保険では行えない高度で良質な治療も行ってまいります。

また、君島歯科口腔外科クリニックでは矯正専門の歯科医師により、小児から成人まで矯正治療を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

親知らず(智歯)について

最近、智歯の抜歯についてのご相談が増えてまいりました。
「症状もないのに本当に抜歯する必要があるのか」といったセカンドオピニオンを求めての受診も増えております。

当院では、智歯の周りの歯肉の痛みや腫れ、智歯に虫歯がある、埋伏智歯の周りに襄胞がある等の臨床症状が全くない場合には智歯の抜歯を積極的にはおすすめはしておりません。

特に、症状がなく完全に骨の中に埋まっていて(完全埋伏智歯)、レントゲンでも病変がない場合には、積極的な抜歯はしておりません。

無症状での抜歯の唯一例外としましては、矯正治療をする上で抜歯が必要であると矯正専門医が診断され、患者さんが同意されている場合には完全な埋伏智歯(無症状)の抜歯もおこなっております。

ただし、矯正治療の目的のためですので保険外診療となります(健康保険は使えません)。

英国医師会出版部門(BMJ Publish Company)が発行しているClinical Evidence、日本語版では2004年・日経BP社発行の「クリニカル・エビデンスIssue 9」の1890ページに「埋伏智歯の予防的抜歯の効果」という項目があります。そこには「無症候性埋伏智歯を抜歯することの有害性は、有益性を上回るという限定的なエビデンスが見つかった」と記載されております。

埋伏智歯の抜歯後、疼痛と腫脹はほとんど常に起こります。下歯槽神経損傷(永久損傷も含め)や舌神経の損傷(永久損傷も含め)のリスクをも伴います。

当院では十分なご説明をさせて頂きその上で治療法を選択して頂いております。

Copyright (C) 2008-2017 Kimijima Dental Clinic. All Rights Reserved.